So-net無料ブログ作成

イェヌーファ [劇場通い]

ヤナーチェク:イェヌーファ
新国立劇場 2016.3.11
トマーシュ・ハヌス指揮 東京交響楽団
新国立劇場合唱団
クリストフ・ロイ演出

イェヌーファ:ミヒャエラ・カウネ
(新国のアラベラでした〜)
コステルニチカ(イェヌーファの養母):ジェニファー・ラーモア
(あまり記憶にないけど、どこかで視聴したように思いました)
シュテヴァ・ブリア(イェヌーファの従兄弟):ジャンルカ・ザンピエーリ
ラツァ(シュテヴァの異父兄):ヴィル・ハルトマン
(魔笛のタミーノ役を映像で視聴たことがあります)
ブリヤ家の女主人(シュテヴァやイェヌーファの祖母):ハンナ・シュヴァルツ
(映像でも新国でも度々出会っています)

登場人物の人間関係がややこしいです。
新国HPに人物相関図があります。

ベルリン・ドイツ・オペラの協力により上演とのこと。
検索してみたところ
このオペラは、シュテヴァ以外は新国と同じ配役で上演されていて、
映像も発売されていました。
ヤナーチェク:歌劇「イェヌーファ」[Blu-ray Disc]








このオペラは、ずっと以前に映像(グラインドボーン音楽祭)で見たことがあります。
コステルニチカ役がアニア・シリアで、とても印象的でした。

きょうの公演もとても良かったです。
こういう状況は今も、多分どこの国でも、おこっていることで、
いろいろ考えさせられます。
昨年だったか、
祖母が生まれたばかりの孫を殺したという事件が
報道されていたように思います。
その記事を目にしたとき
このオペラを思い出しました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0