So-net無料ブログ作成

♪恋は優し、野辺の花よ♪ [音楽]

最近TVのコマーシャルで耳にする曲。気になっていました。やっと思い出しました。スッペ作曲、喜歌劇「ボッカチオ」より "Hab`ich nur deine Liebe" ♪恋は優し、野辺の花よ♪でした。このオペラは見たことも聴いたこともないですが、ソプラノ、ルチア・ポップのアリア集でよく聴いていたのでした。

関連記事:ルチア・ポップ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マーラー 大地の歌 フォークト(T) [音楽]

Das Lied Von Der Erdeマーラー:交響曲「大地の歌」新国の予定ローエングリンのクラウス・フロリアン・フォークト参加の「大地の歌」です。ケント・ナガノ指揮、クリスティアン・ ゲルハーヘル(Br) モントリオール・シンフォニーオーケストラ2009年、ライブ録音。

他にパッパーノ指揮、ロンドン コヴェントガーデン2011年 ハンプソン(Br)、ジョナサン・ノット指揮、2010年 ワルトラウト・マイヤー(Ms)どちらもライブ放送録音をネットでききました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フォークトのアリア集 [音楽]

Heldenとりあえず輸入盤です。国内盤の発売はあるでしょうか。たぶん初のアリア集でしょう。
第一印象:力強さ、迫力が感じられないせいでしょうか。張りがないというか、芯がないというのか、なんというか宙ぶらりんな感じというか、少々落ち着かない気分になるところがあります。どの歌も淡白でふわっとした優しげな声でさらっと歌われて、ストンと終わります。

中では「ローエングリン」の♪はるかな国に♪名乗りの歌が心地よく聴けました。他のワーグナーも物足りないといえば物足りない、つまり迫ってきて心をゆさぶられる、そういう歌ではないけど、まっすぐな澄んだ声の美しさがあります。いわゆる癒し系でしょうか。そして、最後の「死の都」からの曲、久しぶりに耳にしました。しっとりとした素敵な曲です。知らないソプラノとの二重唱です。

最後の曲の後に拍手があります。リブレットを確認したところ、2011年7月6−8日のライブ録音だそうです。リサイタルの録音ということでしょうか。それで、管弦楽だけの演奏が数回入るのかも。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マーラー 大地の歌 アバド指揮 [音楽]

早々にNHKBSで放送済みですが、遅ればせながらの視聴です。

マーラー:大地の歌
daiti11.jpgクラウディオ・アバド指揮
ベルリン・フィル 2011.5.18
アンネ・ゾフィー・フォン・オッター
ヨナス・カウフマン

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SUTHERLAND SINGS HER FAVORITES [音楽]

2010.10.14
ジョーン・サザランド Joan Sutherland (1926.11.7〜2010.10.10) 
レーザーディスク時代にはいろいろと楽しませていただきました。

以下、旧記事
私の愛聴CDの一枚です。
言葉が聞き取れないのは、私の耳が悪いからというわけでもなさそうですけど、

気持ちよく聴けます。
収録曲:
Lo, Hear the gentle lark聞け、優しきひばり
Home, sweet home
カディスの娘たちLes Filles de Cadiz
わが母の教えたまいし歌
庭の千草〜歌劇マルタ
セレナード
夢にきませ
歌の翼に
理想の人
セレナータ
ソルヴェイグの歌〜ペール・ギュント

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

マーラー「大地の歌」1980年ジュリーニ指揮 [音楽]

ユーチューブにアップしました。日本語字幕をつけてみました。中国の古い詩ですが、なんとなく変な感じがしなくもないです・・ この違和感がおもしろいと言えばおもしろいような・・
ユーチューブ再生リストへ


2012年2月発見:この録音がユーチューブにあがっていました。
I 地上の悲愁の詠える酒席の歌
II 秋に独りいて淋しきもの
III 青春にふれて
IV 美について
V 春にありて酔えるもの
VI 告別

マーラー:交響曲 大地の歌
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮
ロサンゼルス・フィルハーモニック
タチアナ・トロヤノス(Ms)
ペーター・ホフマン(T)     
1980年11月9日ロ サンゼルス
ドロシーチャンドラーパビリオンでのコンサート
ライブ録音(Harvest Classics)

ずっと後のメモ:
メゾソプラノはハンナ・シュヴァルツの予定だったそうです。
妊娠3ヶ月でキャンセル。タチアナ・トロヤノスに。
父親はホフマン。トロヤヌスの歌もいいですが、シュヴァルツでも聞きたかった。

下は過去の記事(2007.2.2)です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

星はきらめき [音楽]

プッチーニ作曲のオペラ「トスカ」の3幕、死刑執行前のカヴァラドッシのアリア。オペラ好きの間ではとても有名なテノールのアリアです。オペラに興味がない人にとっては、同じくプッチーニ作曲「トゥーランドット」の中の「誰も寝てはならぬ」ほどではないでしょうけど。

有名な映画とは言えませんけど、ピーター・ジャクソン監督「乙女の祈りHeavenly Creatures 1994年」で効果的に使われていて印象的です。歌声はだれなのか気になるところです。この映画の主人公である女子高生二人は、マリオ・ランザの熱烈ファンですから、マリオ・ランザの声だろうかとも思いますが、サウンドトラックCDは、ペーター・ドヴォルスキーだそうです。この映画では、他にも、「ボエーム」からミミの「私、眠ったふりを・・」、「蝶々夫人」から間奏曲など、プッチーニの曲が効果的です。台詞がかぶってしまいますが、参考までに↓どうぞ。



続きを読む


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

冬の旅 [音楽]

いつも楽しんでいるブログ、FOOD FOR SOULのダンス付きの「冬の旅」鑑賞記がおもしろいので、思い出して、映像付き「冬の旅」をご紹介します。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ほんとうに好きな歌曲 [音楽]

よくお邪魔する Sardanapalusさんのブログで歌曲の話が盛り上がっているので、ほんとうに好きと言える歌曲はどれだろうと考えました。たくさん聴いてもずっと心に残って、本当に好き、というのはあまりないです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽