So-net無料ブログ作成
オペラ映像 ブログトップ
前の10件 | -

ワーグナー「ローエングリン」ミラノスカラ座2012年12月 [オペラ映像]

NHKBSプレミアムで放送された昨年12月ミラノ・スカラ座開幕公演。1幕を見ました。

ダニエル・バレンボイム指揮
クラウス・グート演出
ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団

ローエングリン:ヨナス・カウフマン
ドイツ国王:ルネ・パーペ
エルザ:アネッテ・ダッシュ
テルラムント:トマス・トマソン
オルトルート:イヴリン・ヘリツィウス 
伝令:ジェリコ・ルチッチ

案の定、訳のわからない演出。まずエルザは明らかに精神的問題を抱えているみたい。虐待されて育った子ども?ローエングリンの外見はかつてのミュンヘンは大工のローエングリンと同じ感じ。身体的問題なのか精神的問題なのかわからないけど、異様な雰囲気。台詞と舞台の乖離は相当なもの。期待を煽る音楽の中にやっと見つけたローエングリンは舞台に転がって痙攣していた。それでもテルラムントとの決闘はとりあえずまともに剣で闘って勝利。二人とも、いきなりばたりと倒れる。気絶したわけではなさそうで、そこに歌があれば、そのまま歌う。子どものエルザと弟や白鳥?が舞台上をうろうろするけど、その存在の意味はピンと来ない。

1週間後、2幕。
このローエングリン像がますます分からなく・・・前奏中、舞台転換中などオーケストラ演奏だけのところに裸足でふらふらと登場、怪しげな行動を見せてくれる。歌うところだけはとりあえず通常のローエングリンに近づく。この違和感、全然落ち着けない。例えば、テルラムントが「あそこに輝かしく立っている男・・」と告発する間は、ピアノの陰に隠れてイジイジ・・で、歌う段になるといきなり立派になるのだが、その声に聞き惚れるというものではないし、やれやれでした。エルザは時々腕をかきむしる以外は、そこそこ普通で、理解の範疇。あれやこれやで気持ちが悪くなったので、3幕はまた今度。

さらに1週間後:3幕
とりあえずあのローエングリンの音楽と台詞が耳からはきこえ、何か違うストーリーが展開しているという落ち着かない感覚。「演出」の奇妙さに対する新奇さはもうないので、つまらなかっただけ。

それにしても、ある物語を想定してつくられたはずの音楽と台詞(歌詞)に、ほとんど完全に別みたいな物語をつけるのは、相当いかれた神経だと思うけど、それこそがオペラだ!みたいな感覚? 観客もそれを理解してこそエライみたいな・・??




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パルジファル バイロイト音楽祭2012年 [オペラ映像]

ワーグナー:パルジファル
フィリップ・ジョルダン指揮
ステファン・ヘルハイム演出
バイロイト音楽祭2012年
NHK BS2012.8.27

アンフォルタス:デトレフ・ロート
ティトゥレル:ディオゲネス・ランデス
グルネマンツ:クワァンチュル・ユン
パルジファル:ブルクハルト・フリッツ
クリングゾル:トーマス・イェザツコ
クンドリ:スーザン・マクリーン

これ全部Youtubeにあります。1幕2幕3幕

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プッチーニ「ボエーム」オランジュ音楽祭2012年 [オペラ映像]

プッチーニ:ボエーム
チョン・ミョンファン指揮
ラジオ・フランス
Nadine Duffaut
演出              
オランジュ音楽祭2012.7.10
テレビ放送@インターネット

ロドルフォ:ヴィットリオ・グリゴーロ
ミミ:インヴァ・ムーラ
ショナール:Lionel Lhote
マルチェルロ:ルドヴィック・テジエ
コルリーネ:マルコ・スポッティ
ムゼッタ:Nicola Beller Carbone


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プッチーニ「ボエーム」ザルツブルグ音楽祭2012年 [オペラ映像]

プッチーニ:ボエーム
ダニエレ・ガッティ指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ダミアーノ・ミキエレット演出              
ザルツブルグ音楽祭2012.8.1
NHK プレミアムシアター2012.8.20

ロドルフォ:ピョートル・ベチャワ
ミミ:アンナ・ネトレプコ
ショナール:アレッシオ・アルドゥイーニ
マルチェルロ:マッシモ・カヴァルレッティ
コルリーネ:カルロ・コロンバーラ
ムゼッタ:ニーノ・マチャイゼ

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

リゴレット ロンドン2012年 [オペラ映像]

こちらで教えてもらって、ユーチューブにあった全曲+解説付き映像を見ました。
もうずいぶん以前に新演出時の映像を見ました。同じ演出の映像を二種類鑑賞したのは初めてのような気がします。最初の観た時の印象が非常に強かったせいか、やはり感慨が弱いみたいです。関連記事です。この演出は何度も再演されていますが、今回の再演は映画館上映されたのだそうです。目玉は公爵役のイタリア人テノール、ヴィットリオ・グリゴーロでしょう。新演出時映像の公爵同様、単なる能天気な女たらしではない、時にぞっとするほど怖い、そして美しい公爵でした。リゴレットはちょっと物足りない。お歌は巧いんでしょうけどっていう感じがします。ジルダもちょっと雰囲気がずれている印象。マッダレーナは美人でよかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ドヴォルザーク「ルサルカ」ミュンヘン2010年 [オペラ映像]

Rusalka [DVD]2年ほど前に、ネットで音だけを聴いたものです。賛否両論、大いに話題になった演出ということで、久しぶりに好奇心を刺激されてDVDを見てみました。ヨーロッパ語だけでなく、中国語字幕も韓国語字幕もあるのに、日本語字幕がないのがやっぱり残念です。国内版を出すためなのかどうか知りませんが、納得できません。

ドヴォルザーク:ルサルカ
Tomás Hanus指揮
マルティン・クシェイ演出
バイエルン国立歌劇場2010.10.23

ルサルカ(S):Kristine Opolaisクリスティーネ・オポライス(ラトヴィア)
王子(T):Klaus Florian Vogt クラウス・フローリアン・フォークト(ドイツ)
水の精の老人(B):Günther Groissböckギュンター・グロイスベック(オーストリア)
魔女イェジババ(A): Janina Baechleヤニナ・ベヒレ(ドイツ)
外国の王女(Ms):Nadia Krastevaナディア・クラスティーヴァ(ブルガリア)
狩人(T):John Chest ジョン・チェスト
森林監視人:Ulrich Reß ウルリヒ・レス
料理人の少年(この演出では少女)(S):Tara Erraughtタラ・エロウト(アイルランド)

関連記事:ルサルカ ミュンヘン2010年 音のみの鑑賞
HMV

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワルキューレ@メト 2011年 [オペラ映像]

wmet11.jpgワーグナー:ワルキューレ
ジェイムズ・レヴァイン指揮
ロバート・ルパージュ演出
メトロポリタン・オペラ
2011年4-5月 新演出

ブリュンヒルデ:デボラ・ヴォイト
ヴォータン:ブリン・ターフェル
ジークムント:ヨナス・カウフマン
ジークリンデ:エヴァマリア・ウェストブローク
フリッカ:ステファニー・ブライザ
フンディング:ハンスペーター・ケーニヒ

2012.1.8 WOWOWの放送を見ることができました。
やっぱりパソコンのしかも細切れのユーチューブよりテレビの大きい画面で見るほうが格段におもしろいし、印象が変わります。
DVD-Rへのダビングですが、ムカシの映像に比べればとても良いです。もう1980年代のものは画質が悪いということで却下されることも少なくないでしょう。LD時代にオペラ映像をたくさん見て感動した者としては複雑な心境かな。

余談ですが、ついに2台目のレーザーディスクプレイヤーがダウンしているのが判明。大概のオペラソフトはオークションで処分済みですが、残っているオペラソフトと映画ソフトなども処分することにしました。ネット検索の結果、ただ同然でしょうけど引き取ってくれる業者さんがまだあるようです。

さてメトの新演出「ニーベルングの指環」は、大掛かりな舞台が評判のプロダクションらしいですが、他は知らず、「ワルキューレ」に関してはそんなことはないです。すっきりと抽象的な舞台です。後方で影絵をつかってジークムントの語りの内容を表現したりもあって、人物も左右への動きが中心で、奥行き感のない、平面的な印象。背景の色彩は美しいところもありますが、全体としては暗いモノトーン。前の演出よりは抽象的な舞台だとはいえ、衣装、扮装も含めて、ごく普通のメトらしい舞台だと思います。

最初の登場人物は、演出によって、ジークリンデかジークムントにわかれますけど、これは、前奏曲のごくはじめから幕があがり、深い森の中を敵から逃げるジークムントです。追っ手もランタンの明かりを手に複数登場。

期待のカウフマン・ジークムント。当然、オペラでは珍しい普通体型の美形ジークムント。お芝居的に違和感なし。ただ、人物像が今ひとつつかめない感じと言いましょうか。ジークリンデも多少肥満と巨大さが気になるぐらいで、オペラ的には十二分に美しく、双子としての説得力あり。全体的表現も違和感なし。登場人物全員、まさしく物語の人物というよりは、どちらかというと各歌手の個性が目立つという印象。

ジークムントについては、くだらないことが気になる部分は何カ所かありますが、ひとつは束髪を解くところ。演出家の指示なのかもしれませんけど、それならそれでいただけません。もたついてなかなかほどけない。歌いながら四苦八苦。ジークリンデとの一体感を示そうということなんでしょうけど、さっと変身してくれなくちゃだめでしょう。声の響きもやっぱり多少違和感がぬぐえません。声だけなら、スカラ座のジークムントのほうが、ジークリンデとの相性も良い感じで、概してすんなり受け入れられるような気もします。気になる口中ツバでいっぱい感とよだれは、歯列矯正が原因かも。こんなブログ記事を見つけました。

映像として繰り返し鑑賞したいとは思いませんが、劇場鑑賞なら十分に満足できると思います。

ここで『ワルキューレ』映像視聴歴(視聴順)をまとめてみました。

1)1980年バイロイト音楽祭LD 今はDVDがあります。
2)ミュンヘン1989年TV DVD
3)ベルリンドイツオペラ1984年メイキング映像 LD 
4)メトロポリンオペラ1989年 LD DVD
5)バイロイト音楽祭1992年TV DVD
6)シュツットガルト2002年 TV 2004年秋に DVD
7)スカラ座1992年 TV
8)東京シティフィル2001年 TV
9)リセウ2003年 DVD
10)アムステルダム音楽劇場1999年DVD
11)2007年エクサンプロヴァンス音楽祭インターネット
12)2008年二期会TV
13)2010年バレンシアTV
14)2010年バイロイトTV
15)2010年スカラ座TV
16)2011年メトロポリタンオペラ TV

参考

以下、旧記事です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

魔笛 スカラ座2011年 [オペラ映像]

モーツァルト:魔笛
ローラント・ベーア指揮
ウィリアム・ケントリッジ演出
スカラ座2011年3月
NHK BSプレミアム 2011.12.31

タミーノ:サイミール・ピルグ
夜の女王:アリビナ・シャギムラトワ
夜の女王の娘パミーナ:ゲニア・キューマイア
ザラストロ:ギュンター・グロイスベック
パパゲーノ:アレックス・エスポジト
パパゲーナ:アイリッシュ・タイナン
3人の侍女:アガ・ミコライ、ハイケ・グレツィンガー、マリア・ラートナー
弁者:デトレフ・ロート
モノスタトス:ピーター・ブロンダー

装置はほとんどなく大半をモノトーンの映像で表現していますけど、じゃまな感じはなく、美しい舞台でした。タミーノとパミーナの火の試練の場の白黒映像による燃え盛る炎は印象的でした。ただ全編となると演奏全体もそうなのですが、単調で退屈してきます。集中力が続きません。こちらの問題と言ってしまえばおしまいですけど、願わくはこういう視聴者もひきつけてしまう魅力がある舞台映像に出会いたいものです。

昨年末、BSプレミアムで放送されたスカラ座のオペラ、これで一通り視聴しました。久しぶりのテレビによるオペラ鑑賞でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カヴァレリア・ルスティカーナと道化師 スカラ座2011年 [オペラ映像]

マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
トゥリッドゥ:サルヴァトーレ・リチートラ
サントゥッツァ:ルチアーナ・ディンティーノ
アルフィオ:クラウディオ・スグーラ
ローラ:ジュゼッピーナ・ピウンティ
ルチア:エレナ・ジーリオ

レオンカヴァッロ:道化師
カニオ:ホセ・クーラ
ネッダ:オクサナ・ディカ
トニオ:アンブロジオ・マエストリ
シルヴィオ:マリオ・カッシ
ペッペ:セレソ・アルベロ

NHK-BSプレミアム 2011.12.30 午前1:00〜
ダニエル・ハーディング指揮
マリオ・マルトーネ演出
スカラ座2011年

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワルキューレ スカラ座2010年シーズン開幕 [オペラ映像]

2011.12.29 NHK BSプレミアム で放送。
音だけよりはおもしろいかな。マイアーのジークリンデはけっこう若く見えるし、まだまだ美しい。ジークムントはいわゆるテノールらしいテノール体型で、マイアー・ジークリンデが相手では、その無表情ぶりと大根っぽさが目立つ。ヴォータンのメイクと衣装はなんなんだか。新国「ドン・カルロ」では立派な王様だったけど、面影なし。影と映像多用の舞台装置は疲れる。とりあえずよそ見しながら見たが、2幕までが限界。3幕は多分見ない。2幕冒頭、シュテンメ・ブリュンヒルデの雄叫びのところで、心臓がぱくぱくした。

ワーグナー:ワルキューレ
ミラノ スカラ座2010.12.7
ダニエル・バレンボイム指揮
wa_scala.jpg(演出:ギー・カシアスGuy Cassiers)

ジークムント:サイモン・オニール
ジークリンデ:ワルトラウト・マイアー
フンディング:ジョン・トムリンソン
ブリュンヒルデ:ニナ・シュテンメ
ヴォータン:ヴィタリ・コワリョフ(ルネ・パーペの代役)
フリッカ:エカチェリーナ・グバノーヴァ

旧記事を読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オペラ映像 ブログトップ