So-net無料ブログ作成
検索選択
オペラ歌手2 ブログトップ
前の10件 | -

ミニョン・ダン +「パルジファル」メトロポリタン歌劇場1982年 [オペラ歌手2]

2011.2.23

ワーグナー:パルジファル
ジェイムズ・レヴァイン指揮
ナタニエル・メリル演出
メトロポリタン歌劇場 
1982年4月17日ラジオ放送

パルジファル:ペーター・ホフマン
アンフォルタス:トーマス・スチュアート
クンドリー:ミニョン・ダン
グルネマンツ:ジェローム・ハインズ
クリングゾール:モーリー・メレディス
ティトゥレル:アラ・バーベリアン

「パルジファル」メトロポリタン歌劇場1982年4月17日ラジオ放送は、メトプレイヤー↓で聴けます。その気になって聞いてみました。音質、とても良いです。ID作成後、Search Met Playerで検索してください。7日間の無料視聴がありますが、きちんとキャンセルしないと、自動的に1ヶ月継続となり、会費が徴収されます。

http://www.metoperafamily.org/met_player/information/index.aspx

2幕クンドリー

3幕フィナーレより

旧記事を読む


ハンナ・シュヴァルツ [オペラ歌手2]

ハンナ・シュヴァルツ(Ms ドイツ、ハンブルク 1943.8.15-  )は、相手役としての共演は、少なくとも私は知りませんが、度々同じ舞台に出演しています。映像ではなんと言ってもバイロイト音楽祭、シェロー演出のワルキューレとラインの黄金。

ワーグナー作曲「ニーベルングの指環」に登場する女神フリッカ、北欧、ゲルマン神話の主神ヴォータンの妻。この役、バイロイト音楽祭1980年の映像で見られるハンナ・シュヴァルツが一番というかダントツに好きです。ペーター・ホフマン演じるジークムントと直接絡む場面は全然ありませんが、彼女の一言、一言が、単なる空虚な台詞ではなく、その関係性を示しています。まあ、私の勝手な思い入れにすぎないにしても、こういうことを感じさせてくれるフリッカは他にはいません。たったの数回の実演といくつかの映像の中の他のフリッカは、印象が薄かったり、嫌いだったりして、忘れました。

続きを読む


ヒルデガルド・ベーレンス [オペラ歌手2]

2009.8.19
昨日、東京で亡くなったそうです。驚きました・・ベーレンスは一昨年以来、草津の音楽アカデミーに講師として参加していました。一昨年、昨年と聴きに行きました。今年も行くつもりでしたが、こちらの都合でパスしていました。
『2009年草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに出演する為に来日していたが、前日の17日から体調不良を訴え入院していた。8月18日、動脈瘤破裂などにより東京都内の病院で死去。72歳』産經新聞記事

バーンスタインとの「トリスタンとイゾルデ」TV放送映像の一部です。
☆こちらの記事☆から行ってください。

* * *

追記:草津2007年8月、ベーレンスのリサイタルに行きました。
草津2008年8月の記事
* * *

続きを読む


タグ:♪♪

ヒルデガルド・ベーレンス(S)リサイタル [オペラ歌手2]

820_1.jpg草津の国際音楽アカデミーフェスティバル、昨年出かけたので、6月ごろ、今年の案内が来ました。ヒルデガルド・ベーレンス(S)が再び招かれて参加なさっていたので、ほとんどなじみのない曲目ばかりでしたし、半分は昨年も伴奏者だったアメリカ人ピアニスト、アントニー・シピリ氏の演奏ということでしたが、出かけました。

続きを読む


ゲイル・ギルモア +「パルジファル」メトロポリタン歌劇場1986年 [オペラ歌手2]

ゲイル・ギルモア(メゾソプラノ→ソプラノ、1950.9.21-  アメリカ)は、1983年、イタリアはヴェネチア、フェニーチェ座でワーグナー没後百年記念の「パルジファル」で魔性の美女クンドリーとして、パルジファルのP.ホフマンと共演したという記述が伝記(1983年刊)にあります。非常に魅力的なクンドリーとして、歌手の記憶に残っているそうです。舞台写真も数枚あって、なかなか妖艶で美しいクンドリーに見えます。これについてはこちらの記事をお読みください。

続きを読む


タグ:P.ホフマン

ブリギッテ・ファスベンダー [オペラ歌手2]

メトロポリタン歌劇場のとっても楽しめるアーカイブによると、1986年9月22日が新演出初日だったメトロポリタン歌劇場、オットー・シェンク演出、ジェイムズ・レヴァイン指揮のいわゆる伝統的演出として推薦する方の多い、後の公演が映像化されている「ワルキューレ」これでブリギッテ・ファスベンダーは、神話の主神ヴォータンの正妻、結婚の女神フリッカとして出演しました。1987年3月7日の公演がラジオ放送されていますが、残念ながらまだ耳にしていません。

続きを読む


ルーシー・ピーコック [オペラ歌手2]

なんとも派手なお名前です。どうしてもあの鳥を思い浮かべてしまいます。アメリカ人のソプラノ(フロリダ1947.6.21- )

続きを読む


アンナ・マリア・カウフマン [オペラ歌手2]

以前にサウンド・オブ・ミュージックのタイトルでアンナ・マリア・カウフマンの歌う「すべての山に登れ」を取り上げました。アンナ・マリア・カウフマンは1990年に、ロイド・ウェッバーの有名なミュージカル「オペラ座の怪人」でクリスティーヌ役として、怪人役のペーター・ホフマンに出会いました。

続きを読む


エディタ・グルベローヴァ [オペラ歌手2]

まだまだ現役、大活躍の今や大御所エディタ・グルベローヴァ(スロヴァキア、ブラチスラヴァ1946.12.23-   )、いわゆる相手役とは言えないと思いますが、同じ録音、舞台に登場しています。一番古いのは、1978年録音ホフマンがタミーノの「魔笛」「魔笛」はもうひとつあって、1981年EMIの録音で、ホフマン、武装した男のひとりを担当しています。グルベローヴァはどちらでも夜の女王。そして、1979年ハンブルクの「ナクソス島のアリアドネ」で一緒だったことがわかりました。ホフマンはバッカス、グルベローヴァはツェルビネッタ。

続きを読む


前の10件 | - オペラ歌手2 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。