So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミュージカル「オペラ座の怪人」に出演 1990年 [歌手]

オペラ座の怪人 通常版今年のはじめに公開された、ミュージカル映画「オペラ座の怪人」のDVDが発売されました。オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)は、特典盤が二枚ついていますが、映画制作、さらには、舞台作品としてのミュージカルのことが、いろいろわかるのが、なかなかおもしろいです。

このミュージカルの初演は1986年のことだそうです。作曲家アンドリュー・ロイド・ウェッバーが準備に入ったのが1984年ごろとか。すぐに世界各国で上演されるようになります。日本では、私も観ましたが、劇団四季が何度も上演しています。

ペーター・ホフマンは、1989年にクリスマスのCD「聖しこの夜」の録音のために、しばらくロンドンに滞在していたとき、はじめて、ミュージカル「オペラ座の怪人」を知ることになります。このミュージカルのドイツでの公演で怪人役を歌ってほしいという依頼はすでにあったけど、ミュージカルを歌うつもりはなかったので、断っていたのだそうです。

ところが、実際に舞台を観て、すっかり感動してしまい、こういうのを歌うのも考えられるという気になり、再度の依頼を引き受けることにし、1990年ハンブルクでのドイツ語初演に参加します。リハーサル期間を含めて、およそ一年半ハンブルクに滞在し、約300回出演したということです。(画像クリック→拡大)

「さて、オペラ座の怪人は、パリ・オペラ座の地下に住み、その醜く歪んだ顔を仮面に隠しているのだが、バレリーナのクリスティーンに夢中になり、彼女を立派な歌手に育てる。だが、最後には敗者となっておわる。怪人役のこの最後に、非常に心をひかれた。それまでは、いつも舞台の上では英雄だったが、今度は新しい状況だった。毎日歌わなくてはならないというのも新しい経験だった。そもそもオペラでは、少なくともそんなに長い期間にわたっては、そういうことはなかった。このミュージカルのために、そこに集まって知り合った人たちとのチーム・ワークはとても楽しかった。とりわけ、クリスティーンを演じた相手役のアンナ・マリア・カウフマンとの仕事は快適だった。私たちは『オペラ座の怪人』のあとも一緒にコンサートをした。」(P.ホフマン)
この公演で共演したクリスティーン役のアンナ・マリア・カウフマンは、ここから本格的なキャリアを築くことになったようです。

「関連のCDはダブル・プラチナとして表彰された。ついでに言えば、これはミュージカルの分野では比類のないことだった。更にこのミュージカルでRTLのゴールデン獅子賞を受けた」
このCDはwww.amazon.deや、日本のアマゾンで、入手可能です。(2005.12月記)

今はこのように簡単にCDが手に入りますが、このCDの存在を知った当初はどうすれば手に入るのか皆目見当がつきませんでした。ちょうどインターネットが普及しはじめたころで、ネットで知り合った人が親切に音声ファイルをメールで送ってくれました。下に載せましたが、こんなに短いのを受信するのに、ひとつ30分もかかったような記憶があります。十年ちょっと前のことになりましたが、まさに隔世の感があります。CDの入手先も教えてもらい、ロンドンのドレスサークルというところにファックスで注文しました。
    
    
関連記事:
オペラとミュージカル
オペラ座の怪人〜ミュージカル映画
オペラ座の怪人
ユーチューブ3
アンナ・マリア・カウフマン


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 13

Sardanapalus

「オペラ座の怪人」ネタ、個人的に嬉しいです☆何を隠そう、私の一番好きなミュージカルなのです。色々なミュージカルを見るようになったのも劇団四季のこの公演を見てから…もう昔の話ですけど(^_^;)オペラ好きな人だと、劇中のオペラシーンのモチーフになっているのがどれかな~なんて想像するのも面白いですよね。「アイーダ」、「フィガロの結婚」に「ドン・ジョバンニ」…。

実は、ホフマンさんのCDはハイライトなので持っていませんが(ドイツ語はウィーン盤持ってます)、私も各国キャストのCDを持っています。気に入っているのはスペイン語盤の怪人と、全体的にはオランダ語盤でしょうか。はっきりいって、このミュージカルについて話し出すと止まらないオタクです(笑)ので、映画のファントム、バトラーさんの歌は期待外れであらあらでした(^_^;)歌の先生の実力がアレではちょっと設定に無理があるかと(笑)そういえば、映画のDVD、9月にドイツで出るものにはホフマンさんではないですが、ちゃんと歌えるミュージカル俳優さんが吹き替えているドイツ語版も入っているようですよ。
http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B0009R3BAU/qid=1125264420/sr=8-1/ref=pd_ka_1/302-3654813-3721623
by Sardanapalus (2005-08-29 06:31) 

euridice

Sardanapalusさん
そうなんですか^^! なんというかわくわくするいい曲です。
私はホフマンが歌ったというのを知るまでは、
残念なことに、断片的にしか知りませんでした。
ホフマンのお陰?!でこのミュージカルや、
その他のロイド・ウェッバーのすばらしい曲も知ることができた
というわけです。

>バトラーさんの歌は
まあね、歌としては「あらら・・」ですけど・・・ 
台詞ということで・・・(サントラは敬遠・・)

>ドイツ語はウィーン盤持ってます)
こちらはなにしろ全曲盤ですものね^^; 
訳詩は同じ人がしていますけど、歌詞が違うところもあります。
ホフマンの怪人は、これまた好き嫌いが激しいようです・・
ぜひ聴いてみてくださいな。

>映画の
ドイツ語吹き替えも聴いてみたいものです。
by euridice (2005-08-29 07:18) 

佐々木真樹

えええ! ペーター・ホフマンのがあるんですかっ!?
ありがとうございます,即ドイツに飛びます。
by 佐々木真樹 (2005-08-29 07:41) 

euridice

佐々木真樹さん
どうぞ聴いてみてください^^!
ほんと手に入りやすくなりました。インターネットがはじまったころ、海外の人にCDがあることを教えてもらいました。
郵便で注文して手に入れました。その時、数秒の音声ファイルを数個メールで送ってくれたのですが、その数秒だけでも、いいなあ〜〜って思いました。
このときもらったファイルが見つかったのでアップしました。
http://homepage.mac.com/WebObjects/FileSharing.woa/wa/default?user=aug13&templatefn=FileSharing6.html&xmlfn=TKDocument.6.xml&sitefn=RootSite.xml&aff=consumer&cty=JP&lang=ja

おさかな♪さん
nice! ありがとうございます。オペラ座の怪人、お好きですか?
by euridice (2005-08-30 08:09) 

euridice

オペラ座の怪人ハイライト、ハンブルク、ヤフーオークションに出てます。値段設定が高すぎるのか、なかなか入札されません。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/80596155
by euridice (2005-10-02 14:45) 

おさかな♪

euridiceさん
こんにちわ。 最近Nice!のみで失礼しております・・・。
m(_ _)m Niceだなぁーという気持ちを伝えたく。。。
オペラ座の怪人を11月に観に行く予定です。
初ミュージカルなので、とても楽しみです♪
by おさかな♪ (2005-10-02 17:05) 

euridice

おさかな♪ さん
Nice! だけでも、十分うれしいです。
>オペラ座の怪人を....
あ、いいですね。楽しんでください!!
by euridice (2005-10-02 21:43) 

satesate

euridice さん、こんばんは。
昨日は、コメントのお返事とTBありがとうございました。
私も嬉しかったです。
私もいくつかTBさせてくださいね。

昨日、ペーター・ホフマンさんのCDを検索してみました。
実際にロンドンで「オペラ座の怪人」をご覧になって
これならばと出演を決められたあたり、
偏見がなくて、ペーター・ホフマンさんて、いい人だなあと思いました。

今日、韓国キャストの「オペラ座の怪人」を聞き終えたので
明日の1時間のドライブには
ハンブルグ版「オペラ座の怪人」を聞こうと思っています。
お邪魔しました。
by satesate (2005-12-09 00:12) 

euridice

satesateさん、こんにちは。
TB、ありがとうございます。

>韓国キャストの
聴きました。いろんな言語で聴くの、楽しいですね。
フランス語、イタリア語、ロシア語、中国語など、まだないですね?
by euridice (2005-12-09 08:23) 

satesate

コメントありがとうございました。

エミー・ロッサム&ジェラルド・バトラーの
最新映画版はドイツ・スペイン・イタリア語版CDがあります。
スペイン版だけジャケット写真が違って、
私は情熱的で素敵だと思います。

同じ映画のフランス語版のDVDがあったと
ネットサーフィンで以前見つけたのですが、
さきほどアマゾン・フランスでチェックしましたが
それらしきものが見つかりませんでした。

私が入手した映画版CDはドイツ、イタリア、スペインですが
各国それぞれの「オペラ」に対する矜持というか意地というかが
見えて面白いです。

ネットサーフィンで、
イタリア語版はセリフ部分と歌部分が
それぞれ別の人が担当と読んだ記憶があります。

情報の出所があいまいで申しわけありません。

中国語の「オペラ座の怪人」があったら面白いなあと思います。
それでは、お邪魔しました。
by satesate (2005-12-10 02:29) 

euridice

satesateさん、ありがとうございます。
そうですね。映画サントラの吹き替えはいろいろあるはずでした。ドイツ語しか頭になかった・・^^; DVDで見たら、もっとおもしろいかしら? スペイン語はメキシコのキャスト・レコーディングを聴きました。
by euridice (2005-12-10 07:39) 

Cecilia

TBありがとうございました。
本当に一つ一つが短い音声ファイルなのにそれでも30分かかったのですね!
私もその頃は電話回線で義兄から譲ってもらった古いMacでインターネットを初体験していましたが、速度が遅すぎて見るのが苦痛でした。(笑)
勝手もよくわかりませんでしたし。

ホフマンの歌を聴いたら彼のファントム姿が見たくなりました。

ところでとても古い過去記事にも最近の関連記事などもリンクされていて、見る人にとても親切でありがたいです。
私は最近の記事には過去記事を載せるのですが、古い記事はシンプルな入力だったので、リンクを載せられません。(できるかもしれませんが面倒そうですし。)
リンクを載せられる過去記事にもそのようなことはしていませんし。

by Cecilia (2008-04-26 01:59) 

euridice

Ceciliaさん、TB承認、そして
さっそく来てくださってありがとうございます。

>古いMacでインターネットを初体験
あらMac経験者なんですね^^+
私はHDもない時代、Macplusが最初でした。
それからだいぶたってたしか500MBのHDがついた
PowerMacでインターネット接続を始めました。このファイルは
ごく初期のころ、バルバドスに住む人が送ってくれました。
受信中は家事をしながら時々確認していましたが、
けっこう多かった洗濯物を干し終わっても
まだ受信中で、うんざりしたのを覚えています。

>彼のファントム姿が見たくなりました
格好良かったらしいですよ^^+
当時ハンブルグで観たという方がネット上にも
けっこういらっしゃいます。
羨ましいです・・

>古い記事はシンプルな入力だったので、リンクを載せられません。
そうなんですか・・


by euridice (2008-04-26 08:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3