So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジェシー・ノーマン [オペラ歌手2]

歌手の伝記から、ちょっとおもしろいかな? のエピソード 8

 1980年にロサンゼルスで、小澤征爾指揮で、演奏会形式の「ワルキューレ」に出演しました。双子の姉妹、ジークリンデはジェシー・ノーマン(1945.09.15-  アメリカ)でした。練習のとき、予期せぬ問題が生じたということです。

 「私はいつものようにジークムントで、ジェシー・ノーマンはジークリンデを歌った。演奏会形式の上演では、普通の舞台上演のような衣装やかつらやメーキャップをする必要はもちろんない。

練習のとき、ジークリンデが 『小川に私は自分の姿を移して見た。そしていま、再び私は気づいた。かつて池の面から浮かび出た、私の姿を私にいま差し出すのはあなた!』と歌う場所になったとき、私たちははっとした。

たくましく色の黒いジェシーと私は、互いに見つめあって、我慢できず噴き出した。兄妹という感じがするなんて絶対あり得ない。オザワ氏が怪訝そうに私たちを見た。私たちが説明すると、彼も笑ってしまった。

ジェシーは、目から涙を流して笑いころげて、なかなかおさまらなかった。

その時からが、一苦労だった。この場所に来ると、噴き出さないために、三人とも、互いに見ないようにしたほうがよいということになった、だから、みんな、固い表情で、前方だけをにらんでいた。この場面を冷静に耐え抜くのは、かなりの努力が必要だった。」


nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 14

Mimi

こちらでははじめましてです.(しばゆう様のところで御世話になっております)
ジェシー・ノーマンなかなか御茶目ですね.容姿はともあれ(失礼)
魅力的な方なんだろうなと思いました.彼女の声,神々しくてとても好きです.
by Mimi (2005-09-09 20:56) 

coyote

舞台の上なんてまさにそうですが、緊張している時におかしい事があると、
笑いが止まらないんですよね(笑)
3人とも、さぞかしご苦労なさった事と思います。
by coyote (2005-09-10 03:30) 

euridice

Mimiさん
ひさしぶりです!
いらしてくださって、うれしいびっくりです。
また、お気軽にお越しください。

>なかなか御茶目ですね
彼女の人柄が伝わるいいエピソードですね^^!
by euridice (2005-09-10 06:36) 

euridice

coyoteさん
笑っちゃいけないってときに、がまんするのってけっこうつらいです・・ 
みんなで吹き出して大笑いできたのはいいけど、後は、思い出し笑いが来るから、つらいものがありますね・・・
でも、こういうのって、連帯感が生まれて、お仕事には良い効果、かもしれない・・??
by euridice (2005-09-10 06:42) 

サンフランシスコ人

「1980年にロサンゼルスで、小澤征爾指揮で、」

ロサンゼルス???


by サンフランシスコ人 (2008-05-02 10:09) 

euridice

サンフランシスコ人さん
>ロサンゼルス???
って?
by euridice (2008-05-03 06:27) 

サンフランシスコ人

ボストンかニューヨークの間違いだと思います。

by サンフランシスコ人 (2008-05-03 07:18) 

euridice

>ボストンかニューヨークの間違いだと思います。
記事の情報源は1983年刊の伝記です。
間違いの可能性はゼロではないと思います。
信頼性の高い根拠があったら、教えてください。


by euridice (2008-05-03 08:01) 

サンフランシスコ人

「信頼性の高い根拠があったら、教えてください。」

ボストン・グローブ(マサチューセッツ州ボストンにおいて最大の発行部数を誇る日刊新聞) 1981-08-03
by サンフランシスコ人 (2008-05-03 09:25) 

euridice

>ボストン・グローブ 1981-08-03
ボストン・グローブ紙の1981年8月3日付の記事に、この演奏会の詳細記事が載っているのですか。内容を教えていただければ、と思います。

1990年代半ばごろにアメリカの投稿サイトに、20年ほど前に小沢征爾指揮サンフランシスコ・シンフォニーオーケストラ、ホフマン、ノーマン、プリシュカでのワルキューレの1幕の演奏会を聴いたという記事が複数件あがっていました。場所と日時の記載は無し。
by euridice (2008-05-03 21:33) 

サンフランシスコ人

「この演奏会の詳細記事が載っているのですか」

詳細記事は載っていないです。

「小沢征爾指揮サンフランシスコ・シンフォニーオーケストラ」

1976年か1977年の定期演奏会のはずです。


by サンフランシスコ人 (2008-05-04 04:27) 

euridice

済みません。意味というか、おっしゃりたいことがわかりません。

>詳細記事は載っていないです。
これはわかりました。
ボストン・グローブ紙の1981年8月3日付の記事はどういう内容なのですか。
「小沢征爾指揮サンフランシスコ・シンフォニーオーケストラ」がどうしたというのでしょうか。
>1976年か1977年
ホフマンはまだアメリカに行ったことがなかった時期です。

by euridice (2008-05-04 08:01) 

サンフランシスコ人

「ホフマンはまだアメリカに行ったことがなかった時期です。」

小沢征爾が最後にサンフランシスコ響の定期に出演したのが1977年.....

by サンフランシスコ人 (2008-05-04 11:45) 

euridice

それで?
by euridice (2008-05-05 07:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0