So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クラウス・フローリアン・フォークト [オペラ歌手]

新国立劇場2005年12月「ホフマン物語」(新演出2003年11月の再演)の、なかなか決まらなかったホフマン役がお初。お目当ては悪漢四役のジェイムズ・モリスでした。テノールについては全然気にせずにチケットを取りましたが、ネット上で評判になっていたテノールに決まって、思いがけず、楽しみが増えました。しかも、オペラ標準からは、背は高いし、肥満してないし、容貌も悪くないというわけで、棚ぼたのもうけもの。結果は可もなく不可もなくという感じ。新演出時のいかにもテノール体型のヤネス・ロトリッツのほうが総合的に伝わってくるものが強かったような気がしないでもなかったです。ワーグナーのテノール役に期待というところ・・でした。

そして、ローエングリンのDVD(テレビ放送もあり)、インターネットで、ローエングリン、ワルター@マイスタージンガー、パルジファル(メイキング 映像)を視聴しました。なかなか素敵なワーグナーテノールだと言うべきでしょうけど、残念ながら全体的に好みではありません。なんというか少女趣味、少女漫画っぽい雰囲気があるんですね・・やっぱりまだまだペーター・ホフマンのほうがよろしゅうございます・・です^^++

インターネット情報による経歴。生年は1970年説がありますが私がみつけた情報ではありません。男女を問わず最近の歌手の生年はなかなかわかりません。ドイツ、ホルシュタインの生まれで、ハノーヴァーの音楽大学で勉強、職歴はハンブルグ・フィルハーモニー のホルン奏者として開始。その間、リューベックの音楽大学で声楽を学び、1997/98年のシーズンにフレンスグルクの劇場で歌手デビュー。1998年から2003年までドレスデン国立歌劇場のメンバー。2007年ワルター@マイスタージンガーで、バイロイト音楽祭にデビュー。

Richard Wagner - Lohengrin (3pc) (Sub Dts)ローエングリンは2002年以来で、2006年バーデンバーデンの公演がDVDで発売されています。これはスカラ座との共同制作で、ロバート・ディーン・スミスとダブルキャストで、スカラ座にも出演しました。2006年5月にはメトロポリタン歌劇場にもこの役でデビュー。
おまけ:
☆パルジファル3幕フィナーレ ナポリ サンカルロ劇場 メイキング映像より

☆1984年バイロイト音楽祭 3幕フィナーレより
関連記事:パルジファル 1984年バイロイト音楽祭
        
☆関連記事:
バーデンバーデンのローエングリン
2006.5.12
2006.11.3
バイロイト音楽祭2007年 マイスタージンガー
新国立劇場オペラ公演「ホフマン物語」


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

ななこ

この写真はハンサムだとは思いますが、歌ってる時は何故かナヨナヨした感じで、歌も同じく芯が通ってなくて気色悪いのですが、人気なのですね?
by ななこ (2008-02-17 00:35) 

euridice

ななこさん
私もそう感じます。
人気のほどは、批評などはまともに読んだことがないし・・で、
なんとなくです・・

2006年秋の「グランドオペラ」最新号で、某評論家氏に「期待のヘルデンテノール?!」と期待され、その評論家氏によれば、フォークトともう一人同年代のヨナス・カウフマンの登場によって、

『ルネ・コロとペーター・ホフマンが活躍した1980年代が再現される可能性』が出てきたのだとか。氏としては、この二人に、ワーグナー・テノール一筋のキャリアを歩むことを大いに期待しているということです。ホフマンに裏切られた恨みは深い....というところでしょうか。

『ヨナス・カウフマンは、声を聴いた時に「これこそワーグナーの声だ」と思った』し、『クラウス・フロリアン・フォークトは、新国立劇場の「ホフマン物語」でのフランス語を聴いただけで、白鳥の騎士、すなわちローエングリンが浮かんできた』のだそうです。さすが凄い想像力です。私も新国立劇場の「ホフマン物語」を見ましたが、そこまでは..... 
(以上以前の記事から転載)

>フランス語を聴いただけで
という一節は、この評論家氏の性格を見事に表現しているような気さえしますねぇ・・なんて^^;;・・・・ フランス語とローエングリンのどこに関連性を見いだしたのか、私にはわからなかった・・のですが、はたっと思い至りました。さすが評論家氏、ドイツ語なまりを感じたのかも・・ 
by euridice (2008-02-17 10:54) 

ペーターのファンです。

バイロイトからフォークト君のリンクにお邪魔しました。

張りも輝きもない声、芯の抜けたような歌唱で気持ち悪い・・・。こんなのがワーグナーテノールとは、信じられません。
この人にローエングリンを歌わせるのは、お願いだからやめてほしいと訴えたいです。
ホフマン演じる高潔でストイックな騎士以外ありえないのですから。

by ペーターのファンです。 (2008-08-07 21:02) 

euridice

ペーターのファンです。さん
>芯の抜けたような
なんか適当鼻歌〜って感じがしちゃいますよねぇ・・
でも、どこかに「フォークトをきいたら
他のローエングリン など古くさくてきく気になれない」なんて
のが・・まあ、ヒトの好みは様々です。
by euridice (2008-08-08 17:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0